教育ローン 破産

自己破産をすると教育ローンは組めないのでしょうか?

子供の受験・進学を考えると、入学金や授業料などに塾などの費用を合わせると1000万円ぐらいのお金が必要になります。それだけのお金があればいいですがなかなかそうはいきません。ですから多くの家庭では、子供が1人大学に入ると、教育ローンを1つ組むことがあります。それが特に自己破産をした家庭では、ほとんどのお金が没収されてしまっていて手元にはないから教育ローンを組みたいと思いますね。

 

友達が自己破産をしたのは、彼の持っている会社が破産をして借金をかかえてしまったからです。なんどかやりくりをしていたのですが、結局は返済ができなくなって自己破産をしたのです。それはしかたがないですが、自己破産は借金は返さなくていいけど、それだけにいろいろと不便なこともあります。

 

自己破産をすると、財産はほとんどなくなってしまうのはもちろんですが、これまで普通に使っていたクレジットカードも使えなくなります。というのは、クレジットカードというのも一種のローンのような借金ですから、それもできないのが自己破産者です。これ1つを考えただけでも、自己破産をすることがどれだけ生活に不便があるかがわかると思います。

 

それでも子供は人並みに大学に行かせてあげたいと思うのは親の情ですね。しかし年間100万円くらいかかる大学の授業料は、並の家庭でもかなり苦しい出費ですから、教育ローンを作るのはとうぜんと言われています。まして、100万円なんてお金が自己破産をした家庭にあるはずもなく、とうぜん大学の授業料なんて払えるわけがありません。そこで自己破産をした家庭でも教育ローンを借りたいと思うわけです。

 

しかし現実は厳しくて、自己破産をした人にはローンを組むことができないのです。自己破産としたという者は、当分の間はお金を借りる資格がないというのです。借金はとうぜん返済するべきですから、返済するだろうという信用がある人に貸すからです。自己破産したということは、その信用を失ってしまったことになります。

 

ですからいくら教育にお金がかかるからと正当な理由があっても、自己破産した者である以上は当分の間、個人信用情報機関のデータベースから削除されない限り教育ローンは借金ですからどんなにねばっても借りることはできないのです。それが自己破産の借金棒引きの報いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ